ロイヤルカリビアンで行く子連れ東南アジアクルーズ旅行記⑤<ボイジャー・オブ・ザ・シーズ3日目>

【ロイヤルカリビアン】子連れ旅行記 東南アジアクルーズ シンガポール&タイ&マレーシア ボイジャーオブザシーズ乗船記録

2018年冬、ANAマイルを貯めながら、家族で海外クルーズに行きました。
カリブ海クルーズ、メキシコクルーズに続き、私にとって、この東南アジアクルーズは3度目の海外クルーズになります

昨日、ボイジャー・オブ・ザ・シーズに乗船し、今日は2日目。
寄港地はタイのプーケットです。

朝10:00 プーケット入港~朝食~昼食

今日も私は8時すぎに目覚め、11階船尾にある「ウィンジャマーカフェ」で朝食にしました。
今日は、お昼過ぎに予約済のアクティビティを楽しむ予定です。
朝とお昼を船内で食べてから下船しようと思うので、朝は軽く紅茶とフルーツだけにしました。
朝食後は部屋に戻り、持っていくものを用意したり、子どもに日焼け止めを塗ったりしていたら、あっという間に11時半に。
急いでまた11階船尾にある「ウィンジャマーカフェ」に行き、ランチタイムにしました。
フルーツ、スモークサーモン、ポテトなどを選び、急ぎ目に食べました。
朝とお昼では、パンの種類が違っているのはシンプルに凄いなと思います。
でも、どれを食べても、味が似ています笑笑
ジャムやはちみつなどの種類も豊富にあるので、毎日色々食べ比べのし甲斐があります。
私は、朝にしか出てこないスコーンにハチミツをつけて食べるのが気に入っていました。
f:id:brunacruise:20190301171207j:plain

タイ・プーケットについて

プーケットでは、沖合に停泊して、テンダーボートでパトンビーチに上陸します。
※ロイヤルカリビアンからは公式に

「テンダーボートの上陸場所はパトンビーチ近くとは限りません。4月~10月の雨季および天候状況によりディープシーポートを利用します。この港はプーケット島東側に位置し中心街パトンビーチまでタクシーで45分近くかかります。デイープシーポート近くには何もありませんので、4月~10月にご予約のお客様は、寄港地観光ツアーをご予約することをおすすめします。」

との案内がありました。
どうやら、季節によっても、またその日の天候によっても変わってくるようです。
個人でオプショナルを申し込みする人は注意が必要なようです。

ロイヤルカリビアンが提供してくれているエクスカーション(オプショナルツアー)一覧を見てみると

Phang Nga Bay 8hrs30mins $99.75
Sea Cave Canoe Adventure 8hrs30mins $159.75
Phuket Highlights 4hrs30mins $35.75
Best of Phuket with Lunch 7hrs $89.75
Elephant Jungle Sanctuary 6hr30mins $159.75
Island Hopping Phi Phi Island 8hrs $189.75

合計で12種類ありましたが、余り違いがよく分からないものもあったり笑
こちらも、昨日のポートクラン同様に、案外お高めです。
大人1人あたりの料金なので、これを家族分でと思うと結構かかりますね。
でも、レオナルド・ディカプリオ主演の「ザ・ビーチ」で有名になったあのピピ島へ行くツアーもあります。
観光客が増えすぎて水の透明度が落ちたとかごみが増えたなどのニュースを見たことがありますが、レオナルド・ディカプリオが大好きだった10代の頃の私なら、喜んで参加したかもしれません。
でも今や30代、レオ様に胸躍るような時期は過ぎ、「8時間も暑い中過ごすの無理だな~」と最初に思ってしまいます。
私は、事前に個人手配でオプショナルを申し込み済でしたが、そういった事ももちろん可能です。

なお、下船開始直後は混雑するので、テンダーボートに乗るための整理券が事前配布されます。
朝8時半からダイニングルームでの配布で、家族やグループ代表の人がまとめて受け取る事もできますし、ロイヤルカリビアン社のエクスカーションに申し込みの人は整理券は必要ありません。
整理券は、到着直後の下船混雑時間帯のみ必要となるだけで、混雑が落ち着くと「オープンテンダー」というお知らせが船内放送でかかります。
この日は下船開始から1時間半ほど経った11時半過ぎに、「オープンテンダー」の案内がありました。
ただし、この案内があるのも、その日よってまちまちなのだそうです。
私はロイヤルカリビアン社のエクスカーションには申し込まず個人で迎えの車を申し込んでいたのですが、下船のためのタグをもらうために朝早い時間に集まるというのが面倒だったので(色々ズボラなので笑笑)、お迎えの時間を午後に設定していました。
何度かクルーズを経験していくと、こういう「手の抜き方」も分かってくるのかもしれません。

プーケット上陸

ランチ後は、いよいよプーケットに上陸です。
乗船口、下船口は1デッキ船尾と事前に案内があったので、1デッキに降ります。
下船口でシーパスカードをスタッフに渡しバーコードを読み取ってもらうと、なぜか私のカードがエラーに。
下船口スタッフが真面目な顔してカードをまじまじと見詰めます。
なんでなんでどうして・・私何もやってません・・・
と思った瞬間、「あ、そうだ」と気づきました。
昨日、部屋にアリが出て、昨日から部屋を変わってるんだった。
新しいシーパスカードを発行して交換して貰ったけど、そのシーパスカードの作成の課程で、何らかのミスがあったんだ。
下船口スタッフも、どうやら「ゲストリレーションズ(フロント)に行って相談してこい」と言っているし、とりあえず一旦ゲストリレーションへ。
「部屋にアリが出たので一晩だけ違う部屋にいる。新しいシーパスカードを作成して渡されたけど、このシーパスカードじゃ下船できなかった」という内容をパパに伝えてもらうと、再度新しいシーパスカードを発行して貰えました。
かかった時間は10分ほど。
そして、担当してくれたゲストリレーションのスタッフの名前と電話番号が手書きで書かれた名刺を渡され、「また下船口で出られなかったら私が何とかするからその時はこの名刺を担当者に渡すように」とのこと。
ありがたいけど・・ありがたいけど・・
仮にまたシーパスカードがエラーで、何とか下船できたものの、今度は乗船NGとか言われたらそっちの方が困るんですけど・・笑
と内心ハラハラしつつ1デッキ下船口に戻ってみたら、今度はエラーにはならずすんなり下船できました。
良かった~~。
テンダーボートからの景色を眺めつつ、プーケットへ上陸。
迎えに来てくれる人に、「今ここで待っています」という連絡もしなくてはいけないので、上陸した場所あたりの看板も写真を撮って送信。
降りた場所あたりの看板の写真を撮っておくのは、戻る時にも便利だな~と、アクティビティ終了後の乗船の際に感じました。
ぜひ行かれる方は、上陸の際に看板や周辺の写真を撮影しておくことをお勧めします。

f:id:brunacruise:20190301152359j:plain

f:id:brunacruise:20190301152418j:plain

プーケットでは、車からプーケットの街中を眺めつつ、ビーチまでぶらっと行きました。
プーケット、余り海がきれいではありませんね。
そして湿度が高くて暑いし、やはり私には、8時間のピピ島ツアーに参加するパワーはなさそうなので、この程度で十分です笑
2時間ほどのプーケット滞在で船へ戻りました。
なお、テンダーボートで船へ向かう途中、やっと船の全景を撮ることができました。
せっかく乗船しているボイジャー・オブ・ザ・シーズですが、なかなか全景をおさめる機会がなかったのです。

f:id:brunacruise:20190301170717j:plain

f:id:brunacruise:20190301170746j:plain

部屋へ戻ったあと、電話がかかってきて「元の部屋へ戻っていい」とのことだったので、荷物を運んでもらい、元の部屋へ戻りました。
アリは1匹残らず退治されていたようで、もう出てきませんでした。
あのお薬、効果あるんですね!!笑笑

今日はフォーマル、そして夕食はメインダイニングへ

お昼寝から起きたらはっと気づきました
そういえば今日はフォーマルナイトだ!
持参したフォーマル用の服に着替えます。
私は黒のロングドレスを、パパはスーツを、子どもはしまむらで買ったスーツっぽく見えるように印刷されたスーツ風の1980円の洋服を笑笑
f:id:brunacruise:20190301170941j:plain

メニューは今日も日本語のメニューをもらいました。
前菜はツナのタルタル、主菜はビーフテンダーロインとロブスターを、デザートはバニラアイスを。
固いお肉だろうと思っていたら普通にとても美味しいお肉でした。
さすがフォーマルナイトの夕食ですね、いつもより豪華です!

f:id:brunacruise:20190301170818j:plain

f:id:brunacruise:20190301170825j:plain

22:00からは「ラ・スカラ・シアター」でショー

船内新聞によると
「The Hits of Queen with “Rock Rhapsody”」と書かれてあります。
どうやらロックラプソディーというグループが、Queenの曲を歌うようです。
一応行ってみようかなと思って向かいましたが、時刻はすでに22時を過ぎ、誰かの迷惑にならずに椅子に座るのは困難な様子です。
そして立ち見客、大勢。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」の影響でQueen人気また再燃だものね。
少し立ち見をしていましたが、子どもが面白くなさそうにしていたので、まぁそうよねと思い、ここは撤退。
プロムナードの方がにぎやかだったのでそちらへ行ってみると、楽しそうな音楽と踊っている人たちが。
こっちは子どもが楽しそうに見ていたので、しばらく滞在。
でも、すぐに眠そうになってしまったので、部屋へ戻ってシャワーを浴び、寝かしつける事にしました。
船内はあちこち大騒ぎなのに、部屋へ戻るととても静かなのが印象的な夜でした。
f:id:brunacruise:20190301170903j:plain

まとめ

・「ウィンジャマーカフェ」にはジャムも蜂蜜も豊富
・朝と昼では置いてあるパンは違うのに味は不思議と似ている笑笑
・Queenはやっぱり大人気
・部屋を移動する際はシーパスカードも作り直しになる
・下船開始直後は混雑するので整理券が必要になる
・下船時間をずらせば待ち時間なくスムーズに下船できる
・下船口でシーパスカードがエラーになるととてもびっくりする笑
・下船の際は周辺の写真を撮っておくと便利
・プーケットの海はそんなに綺麗でもない
・アリ退治薬「ant」の効果は抜群
・フォーマルナイトは食事も豪華になる
・フォーマルナイトは真夜中までプロムナードでも大騒ぎ
・部屋に戻れば静か

旅行記⑥へ続く・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です