ロイヤルカリビアンで行く子連れ東南アジアクルーズ旅行記②<SQ639 羽田-シンガポール往路便>

【ロイヤルカリビアン】子連れ旅行記 東南アジアクルーズ シンガポール&タイ&マレーシア ボイジャーオブザシーズ乗船記録

2018年冬、ANAマイルを貯めながら、家族で海外クルーズに行きました。
カリブ海クルーズ、メキシコクルーズに続き、私にとって、この東南アジアクルーズは3度目の海外クルーズになります。

この度のクルーズを、ロイヤルカリビアンで行く、子連れ東南アジアクルーズ旅行記②」として纏めましたので、この記事が、SFC修行中の方、SFC所有者、そして子連れでのクルーズの参考になれば幸いです。

今日は出発初日。
日付が変わって午前2時過ぎの飛行機に搭乗します。
長い1日の始まりです。

羽田からシンガポールに向け、シンガポール航空SQ639便へ搭乗

SQ639 羽田02:30発 シンガポール09:15着

これが今日搭乗する飛行機です。
SQ639便は今日が初便のため、ちょっとしたセレモニーがあると聞いていたので楽しみにしていました。
シンガポール航空利用の際、国際線旅客ターミナルAにあるANAのチェックインカウンターで対応してくれます。
ANA-SFCステータスを持っている私はビジネスクラスのチェックインカウンターでチェックインをしようと列に並ぼうとしたら・・すでにセレモニーはここから始まっていました。
家族3人に、1つずつ、シンガポール航空のクッキーのプレゼント!
f:id:brunacruise:20190226141753j:plain

無事にビジネスクラスチェックインカウンターでチェックイン。
きちんとプライオリティタグをつけてくれました。

f:id:brunacruise:20190226142922j:plain

そして、シンガポール航空のHPから事前に申し込みをしていた、プレミアムエコノミー利用者限定でもらえる「なごみ+」のアメニティポーチもここで受け取りました。
中身は
・お風呂に浮かべるフラワーフレグランス
・空港から自宅までのスーツケース配送無料券
・蒸気でアイマスク
・クイーンズウェイの1000円割引券
・ウェットティッシュ
の4種類が入っていました。
この特典は、プレミアムエコノミーに搭乗れば自動的にもらえる訳ではなく、シンガポール航空の羽田・成田・関空発-シンガポール行きの便でプレミアムエコノミーに搭乗する女性限定のプレゼントです。
出発5日前までにHPから事前の申し込みを済ませた場合のみ受け取れる特典なので、対象の方は事前に申し込みが必要です。
女性限定のサービスですが、同行者に女性を含んでいる場合は、男性もポーチがもらえます。
f:id:brunacruise:20190227103620j:plain

少しだけラウンジでゆっくりした後、搭乗口へ。
搭乗口では、ダロワイヨのマカロンとチョコレートを配っていました。
f:id:brunacruise:20190226143141j:plain

そして機内へ乗り込む直前でもまたプレゼントが。
シンガポール航空のロゴが入った小さなトートバッグです。
次から次へとプレゼントをもらい、子どもは大喜び。
バッグの中にはネックピローと入浴剤が入っていました。
f:id:brunacruise:20190226143239j:plain

シンガポール航空機内 プレミアムエコノミー最前列

初便という事もあり満席でしたが定刻通り無事飛び立ちました。
私たちの座席は、プレミアムエコノミーの最前列なので足元も広々。
タキシング中に子どもは寝てしまいました。
というか2時半までよく起きてたもんだ!
f:id:brunacruise:20190226151005j:plain

シンガポール航空SQ639の機内食(軽食と朝食の計2回)

水平飛行に入り、最初の食事は「メロンパンかいなり寿司」からのチョイス。
いなり寿司とコーヒーを貰ったものの、日本時間の午前3時。
機内も暗いし、ラウンジでうどん食べちゃったし、余り食欲もわかず。
f:id:brunacruise:20190226143937j:plain

食後は消灯となりましたが、私の隣の席の人、消灯の直前にCAさんに頼んで何やら紙を受け取り、そこからずっと明かりをつけて小さな字で一心不乱に何かを書き続けています。
日本時間では午前4時近く。
明るくて眠れなくて、いったい何を書いているのだろうと思って隣を見てみたら・・
「気づいたことを書かせていただきます。ラウンジの煎茶の色が薄く感じました。ラウンジのシャワーの出が悪く感じました。機長のアナウンスが聞き取りにくい」などという文字が見えるじゃないですか!!
えーーーーー!それ!?
今のうちに寝なきゃと思うものの、明るくて眠れずうとうと程度。

3時間のうとうとタイムは終わり、朝食が配られました。
時計を見たら、日本時間の午前7時過ぎ。
大人はプレミアムエコノミー限定で出されるアサイーボウルの朝食を。
アサイーはとても薄い液体で、ハワイや日本で食べるアサイーボウルとは違う感じ。
フルーツはきんきんに冷えています、口の中さむっっ。
子どもは事前に頼んでいたチャイルドミールを。
f:id:brunacruise:20190226145132j:plain
f:id:brunacruise:20190226145151j:plain

チャンギ空港着陸 シンガポール入国

食後1時間ほどで、定刻通りチャンギ空港に着陸しました。
子連れということで「SPECIAL ASSISTANCE LANE」に誘導され、あっさり入国も済ませることができました。
12月の日本の冬の格好で入国したので、手にはコート類を持っています。
この日のシンガポールの気温は32度、コートが激しく邪魔です。。
f:id:brunacruise:20190226150707j:plain

まとめ

・東京-シンガポール線に搭乗する女性は「なごみ+」サービスの対象となる場合がある
・SQ639便の1回目の機内食(軽食)は日本時間の午前3時過ぎ
・SQ639便2回目の機内食(朝食)は日本時間の午前7時過ぎ
・SQプレミアムエコノミーのアメニティにスリッパはない
・子連れでチャンギ空港で入国する際は「SPECIAL ASSISTANCE LANE」が利用可能

長い夜が終わり、③へ続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です